新・帝国主義

  •  2012.07.21 23:14
7月21日(土)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

アジアでの帝国主義が緊張の真っ只中にあった明治15年、福沢諭吉は、「支那(中国)の海軍は今でも日本の三倍近いが、今後益々増強して琉球(沖縄)回復などといって戦争をしかけてきたらばどうなるだろう。日本に上陸してきた清国がどんな残虐、暴行を働くか想像するだけでも恐ろしい」と述べています。

これは日清戦争開戦以前の福沢翁のコメントですが、直近の尖閣問題での中国政府の対応を見れば、現在の日中関係が、明治の当時に酷似していると感じるのは、自分だけではないでしょう。

我々日本人が、実は今も新たな帝国主義の脅威に晒されているとしたら、一刻たりとも、安閑としていられません。
       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad