ノーベル平和賞に寄せて

  •  2009.10.10 15:02
10月10日(土)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

今年のノーベル平和賞は、バラク・オバマ大統領に決まりました。

「核兵器のない世界」というオバマ氏の理想が、兵器開発の反省から
創設された平和賞の理念と重なり、核兵器廃絶の機運を後押しする、
委員会の政治的意図からの決定につながったのだと思われます。

まずは「おめでとうございます」とお祝いした上で、これからが大変だと
思います。

かつてゴルバチョフ氏が90年に同賞を受賞した際には、既にペレストロイカ
(情報開示)から冷戦終結への動きが活発化していました。それに比べ、
オバマ大統領の場合、まだ主だった業績はなく、平和の理想に向けての
宣言がなされ外交交渉もスタートしたばかりです。

期待が先行した「理想」に対する受賞の真価は、これから問われることに
なります。

核保有が国家間の安全保障を担保する、という考えが世界の趨勢を占める
現在どんな舵取りで理想を実現させるのか、政治手腕を注目していきたいと
思います。
                                   直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad