どちらで読む

  •  2013.02.08 22:05
2月8日(金)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

今回のレーダー照射事件が日中を超えて、米国政界でも議論される中、米国からの情報を取るための代表メディアとして、ワシントン・ポストと、ウォール・ストリート・ジャーナルが日本でも有名です。

どちらを読むのが「偏り」がないか、という点についていうと、W.Pの方は、オバマ政権寄りの見方、対してW.S.Jの方は、保守的(共和党的)な見方、と言ってよいと思います。

理由は、W.S.Jのオーナーが、昨年の途中から、保守的な人物に代わったためで、例えば、尖閣問題についても、W.Pは「棚上げ論」を主張するのに対して、W.S.Jは「東シナ海に米軍空母を派遣せよ」という論を展開する、等の違いがあります。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad