スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最大の概算要求に思うこと

  •  2009.10.16 22:20
10月16日(金)

あえばハッピー!!のあえば直道です。


2010年度予算の概算要求額は、高校授業の実質無償化や、農家の
戸別所得補償、子供手当など、政権公約に盛り込んだ新規政策の予算が
膨らみ、過去最大の90兆円台半ばとなる見通しです。

もちろん、今後の査定で絞込みをかけていくのでしょうが、それにしても
補助金漬け政策の凄まじさが表れています。

本年の日本の経済成長予測が、先進主要国中、最悪のマイナス値と予測
される中、問題なのは、今度の予算の中身が景気や雇用、内需拡大に
効果的かどうかです。

膨大な額をつぎ込んだ結果、景気も雇用も出費に見合う改善につながらないと、
日本の財政はかなり危険な状況に陥ります。

財政の逼迫を理由に、政府はいずれ、必ず消費税率の引き上げを持ち出して
きます。

消費が増えない限り、景気の改善は望めませんが、税率アップはさらに消費を
冷え込ませます。

今度の冬以降もまた、各主要都市部に「シャッター通り」が増えたり、
日比谷公園のような、派遣・年越し村が、長蛇の列になるのでしょうか。

日本の将来を担う、後れてくる仲間に、負の遺産を断じて残したくありません。

国家再生のビジョンなき「ばらまき」政策は、麻薬のようなもので、
快楽のあとに、やがて抜け出せない地獄が待っています。

私は、近い将来はもちろんのこと、100年先の未来もみすえて、
日本再生のビジョンを打ち出し、社会全体に活力を取り戻したいと願っています。

                                      直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。