スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口増加と国家再生ビジョン

  •  2009.10.19 22:22
10月19日(月)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

昨日の続きです。

なぜ、人口増加策が日本再生の要になるのか。

端的にいえば、高齢者福祉(年金)、財政再建、景気回復問題を見事に解決し、
数日前にも申し上げた、「日本社会に大きな活力を与える」ことにつながるから
です。

たとえば、景気に関して言えば、消費が増えないと景気の改善は難しいわけ
ですが、子供が減少すれば、消費もおのずと減少します。

しかし、子供を多く生み、育てられる環境ができれば、広めの住宅費や、食費、
被服費、教育費、娯楽費など、多大な消費ニーズが生まれます。

子供の成長と進学にあわせて、確実にこのニーズは拡大します。

高齢者層も、老後の不安から、全体で多額の金融資産を握っていますが、
子孫の祝いや支援のためなら、出費を惜しまない層は多いものです。

消費が活発化すれば、トータルで税収も増え、福祉に必要な財源も潤います。

さらに介護の人手も増え、「老老介護」という悲惨な現状も打破できます。

加えて、日本の将来は先細りしない、という安心感が生まれれば、
日本に投資する外国人投資家も増えるはずです。

ですから、私は政府やおおかたの世論が言うような、
「少子化は避けられない」という、逆のビジョンには断じて負けたくないのです。

若い世代が安心して子供を多く育てたい、と思えるようなビジョンを提示し、
環境を整備することが、自分の政治家としての大きなミッションだと考えて
います。

                                      直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。