共和党の真意

  •  2013.10.06 23:24
10月6日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

政府機関の閉鎖までも引き起こし、国民からは一見、悪役となっている、下院の共和党議員たちの真意はどこにあるのか。

彼らは、100年先のアメリカの将来をも見据え、国家と国民に責任を負う気持ちが強いのだといえましょう。
つまり、アメリカがアメリカでなくなる危機、自由主義国家から福祉国家に変わる危機と闘っているわけです。
オバマの民主党は、皆保険を制定して、弱きを助け、国民の多数を形成する低所得者層の支持を固める戦略を取っていますが、過去の日本の民主党のばらまき政策同様、根拠(財源)なき社会保障なのです。

莫大な赤字を抱え、経済も伸び悩んでいる最悪の時期に、福祉国家に舵を切るような財政の余裕がないことを、誰よりもよく分かっているのが、予算策定の中枢を握っている下院の共和党です。
だからこそ、民主党の政策が、いかに「票あつめ」の詐欺行為にすぎないかを見抜いているのです。

メディアが煽っているような、意固地な原理主義や、共和党支持者への迎合のために、オバマと闘っているわけではないことが、彼らと付き合うほどによくわかります。

ビジョンと信念に沿って断行する態度は、一つの政治家像として、見ならう点が多いと感じます。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad