スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題点と展望

  •  2013.10.20 10:41
10月20日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

4.
一連のやりとりの間、共和党のジョン・ベイナー下院議長は、実に苦しい状況におかれていました。上院共和党リーダーのミッチ・マッコネル氏も同様です。
上院の共和党議員の半数と下院共和党員の25%は、戦いたくなかったからです。たとえ民主党が自分たちのやり方を通して、この国を破産に近づこうとしているにもかかわらず、です。

特に日本にとって痛手なのは、対中国強硬派の急先鋒である、我々の大の味方のベイナー議長が、今回の責任問題で、いま、失職の危機にあることです。
ベイナー議長は、かねてから習近平を独裁者と断じ、アメリカの国賓扱いしようとしたオバマ&ホワイトハウスを強く糾弾した人物です。

5.
最終的に、この一連の政治劇で、共和党は崩壊し、民主党のやり方が通りました。
しかし、この結果として、オバマケアは民主党だけに属しているものであることが明確になってきた様子です。
たとえば、オバマケアの導入によって、いわゆる中流層には、これまでの保険料よりも、200~300%が増額されることになりました。また、国民が名前を登録する手続きのために、5億ドルもするウェブサイトを導入しましたが、現在、パンクしていて、うまく作動していません。
このため、一部の民主党員と数紙の新聞は今、共和党のルビオ達が求めていたように、1年間の延期を求めています。
もしこれ以上、ひどい状況が続いたら、「共和党が正しかった」と証明されるかもしれません。
いずれにしても、2014年の中間選挙までには、一定の審判が示されることになります。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。