スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで合わぬ

  •  2013.12.30 06:46
12月30日(月)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

2013に封切りされた映画に関する、 某誌編集部の独断ランキングなるものを見ましたが、まるで自分と感性が合わず、クラクラきてしまいました。

洋画邦画のベスト20作中、マイ・ベスト作品と被るのが、僅か2作のみでした。これはいけません(なにが?)。

ということで、あえば直道が選ぶ、2013独断ランキングを発表します(笑)。

1位「パシフィック・リム」
…もはや理由は不要。
2位「永遠の0」
…これも理由は不要(笑)
3位「ジャンゴ」
…タブーに挑戦し、奴隷制全盛期のアメリカの姿をリアルに描いている。
4位「リンカン」
… 実は民主党こそが、元祖・黒人差別の旗降り役だったことをバラしている。必見。
5位「42 世界を変えた男」
…メジャー・リーグの歴史の暗黒面に焦点を当てているとともに、あるべき男の生きざまを、よく描いている。
6位「キャプテン・フィリップス」
…男の胆のくくり方や、ソマリアの海賊の実態が、よくわかる。
7位「ゼロ・グラビティ」
…宇宙も世界も人類も、すべてつながっている。
8位「クロニクル」
…超能力高校生の暴走を描くという、斬新な切り口。モトネタは、大友克洋の漫画「AKIRA」ではないかと思われるが、低予算ながら秀逸。
9位「風立ちぬ」
…どう観ても、作品としてはよく出来ているはず。
「ひこうき雲」でも泣くし。
10位「尖閣ロック」
…そこはやはり。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。