米政府の真意

  •  2014.04.25 22:01
4月25日(金)

あえばハッピー!のあえば直道です。

昨日までオバマ大統領が訪日し、共同会見での「 TPPスルー」が話題となり、両国にとって不完全燃焼感が残る雰囲気が漂っていますが、米国側としては、この時期の訪日自体、一つの成果です。

今日、韓国にいながらも、EUの首脳達と電話会談が必要なほど、今の米国にとっての最重要課題は、ウクライナ問題、すなわち対ロシア戦略にあるからです。

TPP云々のかげに隠れてあまり報道されませんが、オバマが安倍氏に、ロシア孤立化への協力要請への圧力を強めたのは確実です。
これを上手く日本政府が捌けたのかは不明ですが、オバマがアジア4カ国を駆け足で回っていること自体、米国によるロシアへの、強力な牽制なのです。
先日、述べたように、プーチンの動きは、日本にとって、まさに「神風」になっています。

だから、TPPについては、決裂という結論は、当然、避けつつも、アメリカのペースだけに踊らされることなく、今は、日本にとって、できるだけ有利な方向に交渉を強化すべきでしょう。

直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad