スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天安門研究会

  •  2014.05.06 23:30
5月6日(火)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

北京で3日に開かれていたシンポジウム「天安門研究会」に参加していた弁護士やジャーナリスト達が、北京当局によって、次々に拘束されました。

習体制になってからというもの、人権活動家に対する弾圧が、これまで以上に激しくなっているように感じます。

彼らが日頃、プロパガンダに熱心な、慰安婦やら虐殺やらの捏造案件は、過去70年以上前の話です。
これに対して、中国での人権弾圧は、今現在の話です。

世界各国の政府やメディア、あるいは国連で取り上げるべき事件としては、一体、どちらが重要な案件なのでしょうか。

世界に対する脅威としては、日本と中国、果たしてどちらが、深刻な存在のでしょうか。

自由主義圏の敵、世界平和の敵は明白です。
ロシアは放っておき、対中国包囲網の完成をこそ、急がねばなりません。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。