アメリカを断じて甘くみるな

  •  2009.11.15 21:44
11月15日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

ここ数日の首相の言動は、日本を亡国においやる大変な危険を感じています。

まず、日米首脳会談で、普天間飛行場移設問題について、「日米合意に沿って
部会で検討する」また「できるだけ早く結論をだす」という方向でオバマ大統領と
確認したにもかかわらず、翌日、外遊先のシンガポールでは記者団に対し、
「日米合意は前提ではない」「来年の名護市長選挙後に結論を」と、いきなり
変節しました。

首脳同士の確認事項を、相手(大統領)のいない場で覆すことは、
同盟国アメリカの面子をつぶす発言ととられます。あってはなりません。

さらに、来日した賓客である大統領を迎え、もてなす立場でありながら、
日本滞在中のオバマ氏を置いて、自分だけ先にシンガポールに向かう態度は、
礼節としてありえません。

アメリカ政府の面目は丸つぶれです。

同じ日本人として恥ずかしい思いをした方も多いと思います。

アメリカを甘く見てはいけません。

まともな感性と知性で考えるならば、ここ一連の日本政府の対応は、
アメリカ側に、実質的な同盟の破棄、さらに宣戦布告ととらえられても
仕方がない状況に陥ろうとしています。

「対等な日米関係」「日米同盟の包括的見直し」「思いやり予算の削減」
「東アジア共同体構想」「中国への異常接近」、客観的には、すべて
アメリカに喧嘩を売る態度です。

昨日も申し上げましたが、日米同盟は堅持しなければ日本の未来はありま
せん。

日米同盟がある限りにおいて、日本が戦争に巻き込まれる危機がおきない
からです。

アメリカを甘くみてはいけません。政府はまるで予期していないのでしょうが、
今、日本は最大の危機を迎えようとしています。
                                      直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad