適格性を問う

  •  2015.05.06 10:29
5月6日(水)

米国アマゾンには、『クリントン・キャッシュ』について、次のように紹介文があります。

http://www.amazon.com/dp/0062369288/?tag=governmacco01-20

2000年に、ビルとヒラリーは、数百万ドルの債務を負っていた。
しかし彼らはいつしか、1.3億ドル以上を手に入れた。
このお金はどこから来たのだろうか。
ほとんどの人々は、クリントンたちは、儲かった書籍の印税、また6桁に及ぶ高額な講演料で富を蓄積した、と思い込んでいる。

しかし、本書の著者ピーター·シュヴァイツァーは、これら膨大な財力の背後にいるのは誰なのかを示している。
彼は、クリントンのお金の流れを追い、彼らの個人的財産、緊密な友人たち、クリントン財団、外国からの流れ、そして最高ランクの政府要人とのコネクションを暴露している。
また、シュヴァイツァーは、カザフスタン、コロンビア、ハイチ、また世界経済の「ワイルド・ウェスト」にあたる地域での、クリントンの不正取引をも暴露している。

細心の注意が払われた綿密な調査で、それぞれ出典を明らかにし、大ニュースとなるであろう暴露内容が満載の『クリントン・キャッシュ』は、ヒラリーの大統領就任適格性を問う内容を提示している。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad