オランダレポートその2

  •  2009.11.28 16:13
11月28日(土)

あえばハッピー!!のあえば直道です。


トラムからおりて到着した、実質上のムスリム居住区になっている
スローテル・ミーエ地区では、白人系の人の姿は、ほとんど見当たりません。

聞いてみると、このエリアでは、先住のオランダ人は、次々と郊外に流出し、
今では、ムスリムが住民の過半数を占めている、とのことでした。

モスクの数は増えつづけ、この20年で、五百以上を超えたそうです。

また、不思議だったのは、移民の多くが貧困層のはずなのに、アパート住居や
小学校の造りが、とても立派なのです。

理由は、政府の多額の補助金が割り当てられているためで、社会保障が
オランダ人よりも優遇されていることに「逆差別」の不満を抱えているオランダ人が
多いそうです。

補助金の優遇政策の結果、働かなくとも生活できるムスリムが増え、暇な若者が
暴動や犯罪に走る悪循環も生みだしたらしく、平日の昼間から、ストリートで
アラブ系の若者の群れがたむろしている光景に、ずいぶん出会いました。

                                          直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad