スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

召喚状を無視

  •  2015.07.12 23:09
7月12日(日)

ベンガジ問題について、CIAの警告を聞かなかった国務省の判断ミスが、大使の死を招いたことが明るみに出ることは、2012の大統領選挙を直前に控えたオバマ&ヒラリーには大打撃です。

そこで、国務省は、動画のせいでムスリムが暴徒化した、という説をでっち上げたのでした。

事実の隠蔽を黙っていないCIAやメディアに押される形で、議会も遂に、「ベンガジ問題の委員会」を設置し、今なお審議は継続中です。

つい先週の水曜も、委員会はヒラリーに対し、今年の3月に召喚状を発行したことを発表しました。

ところが、ヒラリーは、
「私は召喚状を受けとったことは一度もありません。もう一度、ここで深呼吸してみましょう。私がやったことはすべて法律や規制が許可していたことです」とCNNのインタビューで語りました。

これに怒った委員会の議長は、
「選択の余地なく、彼女の不正確な主張に対応して、議会は召喚状を間違いなく発行した」と述べたのでした。

議会で証言させられることは、ヒラリーの選挙キャンペーンにとって、痛手となることは間違いありません。

ベンガジ問題が、今後のヒラリーにどう影響を与え、どう乗りきるのか、要注目です。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。