FC2ブログ

ついに始まった、アメリカ政府の揺さぶり

  •  2009.12.04 20:51
12月4日(金)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

昨日のブログでは、懸念として述べましたが、結局、日本政府は、
連立の維持を、日本の安全保障よりも優先させました。

首相以下の判断力のセンスについては、もはや驚くには値しないものの、
愚かの一言に尽きます。
 
先送りしたところで、問題解決の確たるビジョンがあるわけでもなく、
来年1月の名護市長選挙で、現行計画反対派の市長が誕生することにでも
なれば、ますます泥沼化して日米関係は悪化の一途をたどります。

アメリカ政府も、ついに、在沖縄海兵隊・グアム移転の「撤回」を警告して
きました。

狙いは、普天間の移設履行を本気で迫るため、沖縄の負担軽減を人質にとる
点にあるのでしょう。

社民党が連立を離脱したところで、国民が困ることなど、皆無に等しいのです。

しかし、安全保障に亀裂が入ることは、国民の安全という国益に直結するのです。

今からでも遅くはありません。

日本政府の最大の使命が日本人の権利を守ることにある以上、社民党を説得
するか、連立を離脱させてでも、日米合意に基づいた判断で、年内解決を図る
べきです。
  
     091204.jpg

   党友の木下 真氏。 今から、自転車に党のフラッグを立て、
   南日本縦断の「お訴えツアー!」を敢行します。ぜひ、応援してください!!

   「木下 まこと オフィシャルサイト」(←クリックでジャンプできます)

                                   直道



  

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する