スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲劇の始まり

  •  2018.04.28 12:33
4月28日(土)

【緊急 JCU / APCUより】

私の友人で、米国・FOX ニュースの著名コメンテーター 兼 ACU の政策アナリスト、Gordon G. Chang氏から、朝鮮と日本の今後の情勢について、次のメッセージが届きましたので、紹介します。
詳細は近日中に、メルマガにて読者にお届けします。

   ↓
昨日の金正恩と文在寅、そして次に行われる金 - トランプ大統領との会談に関し、私は日本について、2つの大きな懸念をもっている。

第一の懸念は、米国と北朝鮮の間の合意が、金氏に短距離ミサイルを依然、所持させることになる、ということだ。 短距離ミサイルは当然、アメリカの本土に届くことはないが、確実に日本を脅かす。
トランプ・キム会談ではおそらく、拘束力のある合意は何も期待できないので、日本の利益が確実に保護されるよう、日本政府には、米国の交渉担当者と協働するための、綿密な時間が必要となる。
むろん、日本国民を脅かす短距離ミサイルはまた、日本に駐屯するアメリカ軍や、日本に住む多くのアメリカ市民も脅かす。
また日本にとって、特に利害のある別の問題として、前任のブッシュ&オバマ大統領よりも、トランプ氏は拉致問題の重要性を理解はしているが、拉致問題に関して日本政府は、ホワイトハウスへ、絶え間ないリマインダ(注意喚起)をすることが必要である。

第二に、昨日の朝鮮での首脳会談は、日本にとって、より難しい課題を突き付けることになった。 南北の指導者たちは現在、最初に自国を緩やかな「連合」へと導き、その後、完全な統一国家への統合を意図しているものと分析する。
世論では「2国連合」でさえ、まだ先のことのように思われているようだが、決して楽観すべきではない。
一旦「連合」が実現されれば、統一朝鮮国家は加速的に現実のものとなる。

もし今後、米国との強固な同盟関係が続かなければ、日本にとっては、悲劇の始まりとなるだろう。

Gordon G. Chang

   以上

☆「あえば直道メールマガジン」登録は、以下よりお願い致します☆
   ↓
http://39auto.biz/jcu-jcu/touroku/entryform1.htm

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。