FC2ブログ

不況対策実践その1

  •  2009.12.14 17:24
12月14日(月)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

今から二ヶ月ほど前のブログ上(10/8)では、言魂の威力を大切にする、という
話をさせて頂きました。

その補足となりますが、なぜ、努めて積極的な言葉を出すようにすべきなのか。

その理由を、特に「今」という点で申し上げると、不況期には、ことさら、自分
の周り至るところで「悲観的」で「マイナス」の言葉が飛び交っているからです。

ある方が調べたところでは、テレビや新聞から発信されている言葉の9割は、
否定的で悲観的な意味の言葉がほとんどだそうです。

だとしたら、一日の中で、自然に任せていたら、どんどん不幸な方向に心が
流されて、不幸が実体化してしまう危険があります。

だからからこそ、世相の暗いエネルギーを押し返すためにも、自分自身に対して
は、明るい肯定的な言葉でバリアを張ることが大切です。

15日間の激闘を生き抜く幕内力士の世界では、言魂実践の知恵として、インタ
ビューなどで記者から「スタミナは保てそうか?」という類の質問を受けても、
決して「いやー、疲れたー」とは言わず、「はい、力(リキ)入りましたー」と
答える慣習があるようです。

疲れるという言葉を出すと、ホントに疲れてしまうので、あえて「力が~」と
言うことで、体内にエネルギーを漲らそう、という趣旨だそうです。

                                直道


  091210_五十嵐さんと
     五十嵐さんと




«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する