スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期限切れが迫りつつある「日米同盟」

  •  2010.01.06 23:50
1月6日(水)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

中国の2009年の新車販売台数が、アメリカを抜いて世界一になりました。

世界の経済のけん引役が、自動車大国のアメリカから中国へシフトする流れを
象徴するような出来事です。

中国は、経済だけでなく、軍事でも、「アジア最強の覇権国家」をめざして、
アメリカ以上の軍事予算を、毎年、計上しています。

日本の親米保守の政治家は、「日本はアメリカの同盟国だから、
日本をアメリカは守ってくれる」と信じています。

しかし、昨年からの普天間基地の問題を通じて、特に、今のアメリカ
民主党政治家の多くは、「日本を守るためにアメリカ国民を危険にさらす
気はない」とはっきり言っています。

中国は1時間以内に、アメリカをも消滅させる核を、数百発持つ国です。

国力の衰えてきたアメリカは、同盟国日本をすでに見捨て始めています。

今の中国は辛抱強く、アメリカがアジアから
撤退するチャンスを待っています。

日本の危機が本当に迫っています。

国家にとって頼りになるのは、自国だけです。
国連や同盟国が日本を救ってくれるわけではありません。

中国人は、日清戦争の敗戦と、戦前に中国を侵略した
日本への怨念と復讐心を燃やし続けています。

つづく
                           直道


  091206_165125.jpg

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。