スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

われわれの敵

  •  2010.11.21 09:21
11月21日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

出口のみえない迷路のなかにいる日本。

このまま経済も安全も、ただただ衰えていくのでしょうか。

悔しい限りです。

ここであらためて、我々の敵とは何かを、はっきりさせておきます。

もちろん、日本にとって悪の枢軸は、核で脅しをかけてくる北朝鮮であり、
中国政府です。

しかし、もっと身近に最大の敵がいる。

そう。「敵は自分のうちにあり」。

敵は、私達の政府のなかにいるのです。

民主党がすべて悪いなど、単純なことは言いいません。

現に、私の知り合い、友人、親戚など、議員としてみても、
すばらしい人材が、民主党の若手には集まっています。

「よい民主党と悪い民主党」(←クリックでジャンプできます)

いまの日本にとって最凶・最悪の敵を挙げるなら、それは「亡国装置」
「赤い官房長官」、仙谷由人です。

民主党政権誕生の前後から、一連の動きを観察する限り、この男こそが、
日本の敵、日本人の敵に他なりません。

無能な菅氏や、鳩山前総理など、まだかわいいものです。

小沢氏も、国連中心主義では日本を護れないと、やっと気づいています。

しかし、仙谷だけはちがう。この男はある意味で確信犯です。

社会主義思想の闘士であり、中国と朝鮮が大大好きな売国奴です。

(つづく)

                       直道

  101120_183827.jpg

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。