スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和のための核武装

  •  2010.12.25 17:28



12月25日(土)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

ああ、なんと、クリスマスにふさわしくない?タイトルなのでしょう…。

米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」が、このほど、
2011年のアジア情勢の予測記事を発表しました。

結論としては、台頭する中国と好戦的な北朝鮮が、引き続き、
アジアの目玉になる、と分析していました。

特に北朝鮮については、金正恩への権力移譲を進める手立てとして、
「来年、世界は北朝鮮による3回目の核実験を見ることになる」との
予測を示しました。

両国の軍事的脅威に対応する最善の方策は、やはり日本の核武装です。

尖閣事件以来、日本人の国防意識は強まり、
最近のある世論調査では、80%を超える日本国民が、
核武装の必要性を感じ始めている、との結果がでたようです。

宗教家の立場からすれば、当然、自分は侵略戦争には反対です。

しかし、悪を押しとどめ、善を推し進める力を持つことは、
個人にも国家にも必要だと確信しています。

その意味では日本を護る最も有効な手段の1つが核武装です。

もちろん、核兵器を使う必要はありません。持つだけで意味があり、
保有すること自体が、戦争の抑止力となるからです。  

(つづく)

       直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。