FC2ブログ

悩乱改革 3

  •  2011.01.17 20:04



1月17日(月)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

本来、増税には、国民の忌避感が強いはずです。

それがなぜ、スウェーデンでは可能だったのでしょうか。

昨年の夏、現地に自分が視察に行った折、日本人会の
会長を努めたことのある経営者の方に、詳しい話を伺いました。

すると、スウェーデンでは、政治家に対する国民の信頼が
日本よりも強いから、とのことでした。

政治の透明性も、政治家のモラルも非常に高く、常に未来への
緻密な制度設計に基づいたビジョンと政策を提示するため、
目先の選挙対策に終始する日本の政治家とはレベルが違う、
といいます。

スウェーデンにおける福祉国家への歩みは、十分な経済成長による、
豊かな財源のもと、国民の国家に対する信頼と合意の上で進んできたのです。

政治不信、経済不振の真っ只中にある日本とは事情が全く異なります。

「成長なくして保障なく、成長なくして増税なし」を地でいくのが、スウェーデンです。

さきの経営者の方は自分にこういいました。
「今、不況にあえぐ日本が福祉国家へと舵を切ったら、日本は必ず破滅するでしょう。

スウェーデンとは、教育や経済成長などの社会的基盤があまりに違いすぎるからです」、
とのことでした。

直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する