FC2ブログ

習近平の実力

  •  2011.02.21 21:27



2月21日(月)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

こちらで伏せっている間に、日本では離反劇やら、
分裂論やらが飛び出し、中東でも反政府運動が、
ますます激化し、世界の揺れが大きくなっています。

こちらからも何か情報をご提供できないかと思っていたら、
先日のNYタイムズ紙で、こんな記事を見つけました。

中国の次期国家主席就任が確実視されている習近平氏は、
権力闘争に敗れた父の影響で、過酷な経験を生き抜いた結果、
冷酷な江沢民や胡主席よりも、機敏な政治感覚を持っている。

「人民のために尽くすという人生の目的を学んだ」と語る習氏は、
新しい何かを実践するチャンスがあるかもしれない、という見方です。

米マスコミだけの見方かと思いきや、ウィキリークスが掴んだ非公開の
米外交公電からの情報によると、習氏はこれまで米国を批判したことがなく、
米国文化に親近感を抱いており、父親の影響もあって、自由派に近い
思想の持ち主と分析しているそうです。

本来、抜け目の無い米国情報筋を、「親しみ深い人物」として習氏が本当に
信じ込ませているとしたら、かなり大した手腕だといわざるを得ません。

       直道



«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する