FC2ブログ

革命の可能性

  •  2011.02.27 19:06
2月27日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

中東で広がる民主化の動きに対し、2月15日のブログで、
中国が情報統制を中心に、足掻いているとお伝えしました。

外国の記者団に対しても中国政府は先週の水曜、
「ジャスミン革命は中国では起きないと断言できる」という
趣旨のコメントを発表しています。

その理由として、扇動は必ず事前に阻止し、情報の管理も
徹底できる、という2点を、自信たっぷりに挙げていました。

実際はどうか。自分の分析としても、おそらく、すぐには
中国が中東のような動きにはなりにくい、と考えています。

理由は大きく二つです。

数十年に及ぶ一党独裁や貧富の拡大、汚職の蔓延など、
共通点は多いものの、経済的に世界規模で「勝利」を続ける
姿を、政府が国民にみせつけ、黙らせているのが一つ。

もう一つは、治安維持にかけるコストが、莫大(発表だけでも
7兆円近く)で、おそらく世界一、強力な鎮圧体制の構築に
今のところ成功しているからです。

いわゆる「北京の春」の到来には、まだ時間がかかりそうです。

                          直道

  110227_040516_20110227190611.jpg


  

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する