スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞

  •  2011.03.02 15:28



3月2日(水)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

先日、ハリウッド伝統の映画の祭典、アカデミー賞の発表がありました。

様々な部門の賞がありますが、何といっても毎年、一番注目されるのは、作品賞です。

昨日は米国の車業界におけるホンダの健闘をお伝えしましたが、
今日は、映画業界におけるソニーについて、取り上げたいと思います。

1989年、ソニーがコロンビアピクチャーズを買収した時は、
日本、アメリカ双方でかなりのニュースになりました。

おそらくは悔しさも含め、日本の家電メーカーのソニーが、歴史あるハリウッドの牙城を
「侵略」したことは、長年、アメリカでは、批判にさらされてたようです。

それでもソニーはクォリティーの高い作品を世に送り続け、約20年の間に、
14回も作品賞にノミネートされています。

たとえば、「ショーシャンクの空に」「第9地区」などです。

受賞したことは、まだありません。

しかし、政治力渦巻くハリウッドで、それだけ作品賞でノミネートされること自体、
かなりすごいことのようで、今年度も、先日、ご紹介した「ソーシャル・ネットワーク」が
作品賞にもノミネートされ、結果としては、逃したものの、別の部門で三つの賞を獲得しました。

優れた作品を世に問い続ける限り、いつか受賞するでしょう。

アメリカの檜舞台ともいえる分野で横綱相撲をとり続けるソニーに、
これからもエールを送りたいと思います。

                 直道


«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。