日本の英語力

  •  2011.04.03 22:11
4月3日(日)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

先月末、世界最大の民間英語教育機関、
EFエデュケーション・ファーストが発表した、
「英語習熟度指標レポート」によると、
非英語圏に属する44の国と地域を対象に
調査を行った結果、英語習熟度の世界首位は
ノルウェーで、トップ10の多くをEU諸国が占めました。

アジア地区では、マレーシアの9位が最高で、
韓国が13位、日本が14位、台湾が25位、
中国が29位という結果になりました。

同レポートによると、韓国や日本がアジアで
上位にランキングされた理由は、「教育体系における
英語の重視度や大量の民間英語教育機関の存在が
ある」とのことでした。

80年代から90年代にかけてマンハッタンで見る東洋人
の多くは日本人だったようですが、最近では韓国人と
中国人が大半といった感覚です。

しかし、今回のレポートにもみられるように、日本人の
英語の習熟度は、上位にあります。

多くの日本人が自身の英語の基礎力に自信を持たれ、
英語圏の舞台で一層の活躍をされることを期待します。

       直道

«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad