スポンサーサイト

  •  --.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際の濃度は

  •  2011.05.19 23:40
5月19日(木)

あえばハッピー!!のあえば直道です。

米国 Fairewinds AssociatesのChief Nuclear Engineerである、
ガンダーセン博士のコメントによると、先週、米国と日本が共同して、
上空から、福島原発の放射線濃度を測定したそうです。

博士によれば、現在の汚染域は、原発から15~60キロの距離までが
大変に危険で、大人の原子力関連労働者の放射線濃度レベルにまで、
晒されているとのことでした。

にもかかわらず、付近の学校ではマスクと長袖の着用程度の義務づけで、
運営を続けてる模様であり、専門家の立場からみて、このまま学校を開き
続けるのは、あまりに非良心的である、とのことでした。

この点、日本政府側からは、何の見解もないままであるため、
事態の真実性が、極めて気になるところです。

少し前に、号泣しながら辞職を表明した、例の内閣参与の会見の様子が、
あらためて思い起こされます。

       直道



«  | HOME |  »

LINK


あえば直道著『クリントンキャッシュ』

▲Amazonへリンクします


あえば直道著『トランプ革命』

▲Amazonへリンクします


一般社団法人JCU

▲一般社団法人JCUへ


あえば直道Facebook

▲あえば直道のFacebookへ


Recent entries

Links


Archives

Search

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。